113回看護師国家試験対策・118回医師国家試験対策実施中    詳細はこちらをタップ!
看護大学受験・看護専門学校受験(正看・准看)・オンライン授業に特化

<入会までの流れ>
①[お問い合わせ]フォームに入力して送信
②オンラインでテスト(費用¥3,000)を受けて頂き、金額を査定(オーダーメイド制)
③マンツーマンによるオンライン授業がスタート

詳細はこちら
看護師の学び直し

新人看護師や現役看護師のための学び直し

看護大学や看護学校卒業後に1人前の(自立した) 看護師になる過程を全面的に知識面やメンタル面 においてサポートするのに特化した今までにない 予備校です。 ”急がば回れ”のことわざのように、急性期病棟・ICU オペ室の看護では、「解剖生理」の学び直しを徹底的 に行うことが、実は一番近道な方法です。それにより 病態が把握でき、アセスメント力が飛躍的に伸びてきます。 せっかく苦労して取得した看護師免許を一生の仕事として 活かし、心から楽しく看護師の仕事をしてみませんか。
ゼミナール・システム

オンライン授業に特化

オンライン授業の最大のメリットが、時間や場所にとらわれずに授業が受けられます。講師と生徒がリアルタイムに繋がることができるため、対面授業と同等の双方向性の授業が受けられます。
受験

対策セット

医師国家試験対策コース・看護師国家試験対策コース・看護受験対策コース・医学部受験対策コースを過去問対策を中心に実施しています。コロナ禍でもオンライン授業なので安心です。
ゼミナール・システム

ゼミナール紹介

プロフィール <講師陣経歴> 大阪府立三国丘高等学校卒業 同志社大学・文学部・英文科に合格 国立和歌山大学・経済学部卒業 (同大学をTOPで入学し、首席で卒業) #学費の全額免除を大学の教務課から 通達された際、上記の報告を受ける。 税理士...
ゼミナール・システム

ゼミナール・システム

経営理念 現在は、コロナ禍で感染拡大防止のため、すべての授業 をオンラインで行っています。 当ゼミナールは少人数制・個別制に特化した スタイルで、 担当した生徒一人ひとりの性格 と学力を的確に把握し、 目標設定とカリキュ ラム作成を迅速に行...
受験

医学コース

現在は、コロナ禍で感染拡大防止のため、 すべての授業をオンラインで行っています。 医学部在学時で1・2・3年の場合は医師国家試験対策 として解剖生理を中心に基礎から原理を徹底的に個々 の学力に応じて教え、他の科目(病理・免疫・微生物・ 外科・内科・小児・産科・薬理・精神等)との関連も 説明し、総合的に知識の向上度・定着度を図ります。
受験

看護コース

現在は、コロナ禍で感染拡大防止のため、 すべての授業をオンラインで行っています。 <総合> 看護大学在学時で1・2・3年生、看護短期大学・ 看護専門学校在学時で1・2年生の場合は解剖生理を 中心に基礎から原理を教え、他の科目(基礎看護・ 成人・母性・小児・薬理・老年・在宅等)との関連 も説明し、総合的に知識の向上度・定着度を図ります。 3年生の場合は実習との兼ね合いの中で必修・一般・ 状況設定の問題に対処するため基礎力・応用力の 養成を徹底的に指導します。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナの感染者数㊻(withインフルエンザ)

厚生労働省は4月12日、全国に約5000 ある定点医療機関に4月1日から7日に 報告された新型コロナウイルスの新規 感染者数は計2万968人で、1定点当たり 4.26人であった、 国立感染症研究所等によると、4月7日 までの1週間に全国およそ5000カ所の 医療機関から報告されたインフルエンザ の患者数は前週より3万83人少ない2万 5106人であった。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナの感染者数㊺(withインフルエンザ)

厚生労働省は4月5日、全国約5000の定点医療機関 から3月25日~31日に報告された新型コロナウイルス の感染者数が計2万5179人だったと発表した。 1医療機関当たりは5.10人で前週の0.98倍。 8週連続で減少した。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナの感染者数㊹(withインフルエンザ)

厚生労働省によると、3月24日までの1週間に 全国およそ5000の医療機関から報告された 新型コロナの患者数は、前週から4589人減って 2万5727人となった。3月24日までの1週間に全国の医療機関から 報告されたインフルエンザの患者数は、 1医療機関当たり14.08人で、前週より 3.18人減った。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナ感染者数㊷(withインフルエンザ・はしか<麻疹>)

厚生労働省によると、3月10日までの1週間に 全国およそ5000の医療機関から報告された 新型コロナの患者数は、前週から2252人 減って3万2236人となった。 国立感染症研究所などによると、3月10日 までの1週間に全国およそ5000カ所の医療 機関から報告されたインフルエンザの患者数は、 前週より1万760人多い7万9643人であった。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナの感染者数㊶(withインフルエンザと溶連菌)

厚生労働省によると、3月3日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告された新型コロナの患者数は前週から4636人減って3万4488人であった。また、1つの医療機関当たりの平均の患者数は6.99人で、前週の0.88倍となった。前週から減少が続くのは4週連続となる。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナの感染者数㊵(withインフルエンザウイルス)

厚生労働省によると、2月25日までの1週間に 全国およそ5000の医療機関から報告された 新型コロナの患者数は、前週から1万697人 減って3万9124人となった。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナウイルス感染者数㊴(with インフルエンザウイルス)

厚生労働省によると、2月18日までの1週間に 全国およそ5000の医療機関から報告された 新型コロナの患者数は、前週から1万7793人 減って4万9821人となった。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナウイルス感染者数㊳(withインフルエンザウイルス)

厚生労働省によると、2月11日までの1週間に、全国およそ 5000の医療機関から報告された新型コロナの患者数は、 前週から1万1991人減って6万7614人となった。 国立感染症研究所などによると、2月11日までの1週間に 全国およそ5000カ所の医療機関から報告されたインフル エンザの患者数は11万7652人で、1医療機関当たりでは 23.93人と前週よりも1.31人増えた。
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナウイルスの感染者数㊲(withインフルエンザウイルス.」

今、日本では新型コロナとインフルエンザの同時 流行が起きていると考えられている。 手洗いや換気、人混みでのマスク着用、体調が悪ければ 外出を控えるといった対策をより心掛けてほしい。 また、インフルエンザは今後、B型のウイルスが増加する とみられるので、一度感染した人でも、まだインフル エンザのワクチンを接種していなければ、接種してほしい」
新型コロナウイルス

1定点医療機関当たりの新型コロナウイルス感染者数㊱(withインフルエンザウイルス)

厚生労働省によると、1月28日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告された新型コロナの患者数は、前週から1万3339人増えて、7万3607人となった。また、1つの医療機関当たりの平均の患者数は14.93人で、前週の1.22倍となった。前週から増加が続くのは10週連続となる。このうち、10歳未満の子どもの患者数が4.73人と全ての年代の中で最も多かった。一方で80歳以上の患者数は0.81人で、前週より減少した。
シェアする
タイトルとURLをコピーしました